大腸内視鏡検査のご予約状況改善について

予約待ち対策の実施により、検査のご予約が以前に比べ大変お取りやすくなりました!
現在、ご予約から検査までの目安は概ね以下のとおりです。

  • 在宅洗浄法  10日~20日
  • 院内洗浄法  約1か月

これを機に、お早目の大腸内視鏡検査をお勧めいたします。

年末年始の休診のお知らせ

年末年始 12月30日より1月3日まで休診させていただきます。

12月30日(金) 12月31日(土) 1月1日(日) 1月2日(月) 1月3日(火)
休診 休診 休診 休診 休診

なお、休診中の緊急のご連絡は松島病院(☎ 045-321-7311)までお願い致します。
新年は、
1月4日(水)より通常通り診療いたします。

【急募】大腸内視鏡医師 常勤 1名

急募に付き、高給優遇いたします
松島クリニック 医局秘書 城崎(じょうざき)までお問合せ下さい。

痛くない・苦しくない内視鏡検査
項目1「前処置がつらい・・・」とお悩みの患者さんに朗報です!
  豊富な前処置法の中から一番楽な方法が見つかります。

検査前の処置(前処置)がつらい とお悩みの患者さんへ 大腸内視鏡検査の肝とも言えるのがこの「前処置」です。 多くの医療施設では1~2パターンの方法で前処置を行っていますが、当院では出来る限り多くの選択肢をご用意し、医師が患者さまとご相談の上、患者さん一人一人に合ったもっとも楽な方法をお選びしています。
また、大病院並みの十分な前処置室を完備しているので、安心して準備をしていただけます。
【前処置方法のご紹介】
■在宅洗浄法
①在宅 モビプレップ法
②在宅 ニフレック法
③在宅 ビジクリア法
④ブラウン変法
■院内洗浄法
①院内 モビプレップ法
②院内 ニフレック法
③院内 ビジクリア法
詳しくはこちらをクリック

項目2「気が付いたら検査が終わっていた!」と驚かれる
   患者さんがほとんどです。

  鎮静剤を使うことでスコープ挿入が苦しくありません!

気が付いたら検査が終わっていた! と驚かれます 当院は『鎮静剤を使用した苦痛の少ない内視鏡検査』を導入して既に25年。その草分け的な存在として、大腸内視鏡検査・胃内視鏡検査ともに「スコープ挿入時の苦痛を感じない」内視鏡検査を進化させています。
また、胃の内視鏡検査においては、従来の経口内視鏡に加え、最新式のスコープを使用した苦痛の非常に少ない「経鼻内視鏡」を導入。これにより検査中に検査映像を見ることや、医師との会話もできるようになりました。検査前投薬の影響が少ないため、検査後もすぐに通常の日常生活に戻ることができます。また、検査時間も非常に短縮されました。
松島クリニックは、高い検査精度を維持しつつ、患者さんには楽に検査を受けていただけるよう、常に努力しています。

項目3検査の後もお腹が苦しくない!
  炭酸ガス送気法で検査後のお腹の張りを軽減します。

検査の後もお腹が苦しくない! 炭酸ガス送気法お腹の張りを軽減当院では、検査中・検査後のお腹の張りが少ない「炭酸ガス送気」による内視鏡検査を行っております。
内視鏡検査を行う多くの医療施設では、「空気」を入れて腸管を膨らませ観察を行っていますが、空気は腸管内に残りやすく、検査中や検査後のお腹の張りや腹痛などの不快感の原因となります。
一方、「炭酸ガス」は空気と比べ、腸管内での吸収が早いので、肺からの排出も早く、腹部の不快感をあまり感じません。
さらに、当院では「中央配管システム」により、常に最適な流量で、各内視鏡室に安定した「炭酸ガス送気」をしております。使用機器は二重の安全機構による安心設計で、安全な検査を実現しています。

 

痛くない・苦しくない内視鏡検査
項目1最先端技術を駆使した医療機器による安全で精密な検査!
  僅かな病変も見逃しません!

わずかな病変も見逃しません! 最先端の医療機器を完備全5室ある内視鏡室にはそれぞれ最新型のフルデジタル内視鏡システムを完備し、内視鏡スコープは28本を用意。「NBI」(狭帯域光観察)をはじめ、あらゆる状況にも対応できるよう、万全の体制を整えています。
その他、最新式のマルチスライスCTスキャンによる「CTコロノグラフィー」(大腸3D-CT検査)「カプセル内視鏡」を使用した小腸までの詳しい検査など、最先端の医療技術で安全かつ精密な検査を実施しております。

項目2最新式の内視鏡消毒システムで高い安全性を確保!
  「過酢酸」と「超音波洗浄」を採用した最新の内視鏡システムで
  『高水準消毒』を実現!

最新式の内視鏡消毒システム 高い安全性!当院では、高水準消毒剤として実績のある『過酢酸』を使用した最新式の内視鏡洗浄消毒システムを使用しております。 使用後の内視鏡には、粘液や血液に加え、細菌やウイルスなどが付着していることが多いため、検査後に内視鏡を洗浄消毒して、感染を防止することが重要です。
当システムは、日本環境感染学会・日本消化器内視鏡学会・日本消化器内視鏡技師会の定めたマルチソサエティガイドラインで推奨される「高水準消毒」が可能です。 装置内には『過酢酸』の優れた消毒力を引き出す『超音波洗浄』を採用し、短時間で汚れを分解する『アルカリ洗剤』の相乗効果でハイレベルな洗浄力を発揮します。
また、『過酢酸』は環境にも優しく、衛生面に細心の注意を払い、安全で安心できる医療を提供しています。

項目3プライバシーに配慮した内視鏡面談室。
  ゆったりとした回復室。
  万全のコンサルティングと確実なフォロー体制でサポートします。

プライバシーに配慮した内視鏡面談室 ゆったりとした回復室完全個室の内視鏡相談室は全5室あり、検査の事前説明や結果説明も丁寧に行うことで、不安なく検査を受けていただきます。
年単位での定期的な経過観察が必要な場合は、事前に患者さま宛に検査のご案内を郵送しております。
女医も勤務しているので、女性の方も安心です。(お気軽にご相談ください。)
また、内視鏡検査後の回復室は可動式の間仕切りによりプライバシーを保っているので、十分体力が回復するまでゆっくりと楽な気分でお休みいただけます。

項目4年間20,000件を超える大腸内視鏡検査は全国トップ!
  大腸内視鏡専門施設ならではの”豊富な臨床件数”が信頼の証です!

大腸内視鏡専門施設 ならではの豊富な臨床件数わたくしたち松島クリニックは、大正13年の開業以来ずっと肛門疾患(おしりの病気)を専門に扱っている「松島病院」のグループ施設です。
ですので、大腸疾患は特に得意分野! 年々増える大腸ガンをはじめ大腸疾患を専門に扱っています。
年間20,000件を超える大腸内視鏡検査と年間2,500件を超える大腸内視鏡治療の実施件数は国内トップクラスを誇ります。 同時に、熟練の内視鏡専門医がその技術と経験を駆使し、食道・胃・十二指腸の検査にもその実力を発揮し、年間5,000件を超える実績を残しています。

項目5松島クリニックは「日本消化器内視鏡学会指導施設」
  エキスパート中のエキスパートによる"高度な医療"が安心の裏付けです。

松島クリニックは「日本消化器内視鏡学会指導施設」松島クリニックは内視鏡専門医を育成するための「日本消化器内視鏡学会指導施設」です。
エキスパート中のエキスパートである「内視鏡指導医」が常勤し、これまでに多くの内視鏡専門医を輩出してきました。松島クリニックは患者さまの健康のために、優れた医療技術の発展に務めています。
それゆえ、在籍する医師一人一人の技術は極めて高い水準を保っています。
内視鏡検査のことなら松島クリニックにおまかせください。

 

最新情報